忍者ブログ
美術館・鉄道・お城・お相撲・お友達の話など趣味のブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渋谷区立松涛美術館で4日から19日まで後期の展示が始まっています。全48作品を後期は十数枚入れ替えています。壮大な芭蕉の吟行ですが坂田さんも未だにひとり奥の細道の旅を続けているそうです。昭和11年生まれですから今年81才、まだまだ頑張れるそうです。

  あらたふと 若葉青葉の 日の光(日光東照宮) 汐越や 鶴はぎぬれて 海涼し(汐越の鶴)


五月雨を あつめて早し 最上川(山形最上川)


荒海や 佐渡に横たふ 
天河(出雲崎の荒海)


一家に 遊女もねたり 萩の月(市振宿・遊女との別れ) 月清し 遊行のもてう 砂の上 旅に(敦賀の気比神宮)


旅に病で 夢は枯野を かけめぐる(大阪で客死)

 

中々普段見られない版画で無理して渋谷まで前回同様行きました。入場無料。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
白黒が新鮮!
パパリンさんどうも!

この方の版画は、先日見せてもらいましたね!
私も、よく覚えております!
その後期の展覧だったのですね!

奥の細道は有名な芭蕉の俳句の紀行文ですが
それを白黒の版画で見るのってやっぱり新鮮ですよ。

パパリンさんが、前回の感想で、浮世絵の色ついた
錦絵を見ている私には凄く新鮮だったと書かれてましたが
写真ではありますが、こうして前回同様、後期の版画
も見せて貰いましたが、この方の力強さをいっぱい
感じさせてもらいました!

無料で見れてイイですね!
aibiki 2017/03/12(Sun)18:27:36 編集
Re:白黒が新鮮!
>aibiki様
おはようございます。
こういう展覧会は余りないので無理して後期も行きました。
渋谷の駅前の混んだところから松涛のだらだらした坂を上りダウンを着ていますから熱くなりましたが良かったです。

この方は熊本の方ですが高齢でも未だ奥の細道のコースを歩いているようです。私も頑張らなくてはと元気を貰いました。
【2017/03/13 08:28】
[3672]  [3671]  [3670]  [3669]  [3668]  [3667]  [3666]  [3665]  [3664]  [3663]  [3662
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
[09/23 大町阿礼]
[04/17 aibiki]
[04/16 aibiki]
[04/15 aibiki]
[04/14 aibiki]
プロフィール
HN:
パパリン
性別:
男性
趣味:
なんでも収集
ブログ内検索
アクセス解析
パパリン日記 坂田燦(あきら)の版画で巡る「おくのほそ道」展 後期 Produced by パパリン
黄昏 Designed by ブログテンプレート がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
free pictures