忍者ブログ
美術館・鉄道・お城・お相撲・お友達の話など趣味のブログです。

 

イギリスのゴールドマン氏のコレクションでとても綺麗な作品が展示されています。外国人のコレクションはとてもきれいに保存されています。まぁ外国へ行ったから戦災を逃れ現在保存されているのだが此れが日本から出ていた物と思うと悔しい。

 

今回は河鍋暁斎の作品です。暁斎は浮世絵師歌川国芳の門下に入りその後狩野派に学んだりしたそうです。幕末から明治を生きた天才絵師。今回は錦絵より肉筆画が多く序章から第6章までに分かれています。

 

序章は動物を描いた肉筆画がど~んと迫力の展示。私は鯰の曳物を引く猫たちが好き。

 

第一章は柿の枝に止まった鴉の墨絵、第二章は躍動するいのちで虎の掛け軸などは墨一色ながら鋭い顔つき、動きが迫力がある。「月下猛虎図」、また動物戯画が多く展示されている。

 

第三章幕末明治―転換期のざわめきとにぎわいー黒船来航により作品自体も変化が出る。「各国人物図」では西洋人、清人、アフリカ人、アラブ人、エスキモー人などが描かれている。此れは種本から描いた?「隅田川今戸瓦焼と渡し」では師匠の歌川国芳より上手い。「五聖奏楽図」は明治6年にキリスト禁教が解かれ十字架のイエスの下に神武天皇、孔子、孟子、釈迦が見上げている。皮肉な絵でもう一つは「盲人の書画鑑賞、囲碁」の作品など。「野菜づくし、魚介づくし」は暁斎だけでなく川端玉章、渡辺省亭などの当代の作家との共作。

 
右は師匠の国芳の作品

第4章は戯れる―福と笑いをもたらす守り神―「弁財天の絵を見る六福神」ではひとり毘沙門天が本を読んでいる。鍾馗様が鬼退治をする肉筆画が多い。数点貼交絵や錦絵も展示。戯画。春画も。新政府を批判した戯画も描いて捕まっても居る。

 

第5章は百鬼繚乱で幽霊画の展示、第6章は祈る―仏と神仙、先人への尊崇で達磨絵などの展示です。久しぶりに河鍋暁斎の此れだけの点数を見た。明治の建築家のジョサイア・コンドルも弟子になっている。今回は彼の作品は展示はない。

 

文化村は招待券があるのでもう一度は見に行きたいし見ごたえがあった。4月16日まで。

 

 

PR

月末の金曜日に退社時間を早め、買い物や食事、旅行映画・観劇など楽しんでもらう官民一体の取り組みだそうです。

 

読売朝刊では見開き1ページの広告が小田急、Suntory、21のブランドのお店、SOFTBANK、ローソン,アサヒビール、化粧品のエスプリークの7ページ、3分の1ページは名鉄が出ていた。

 

TV,ラジオでも中継が出ている。日本橋、新橋の居酒屋は大半が満席だそうで、総理大臣、世耕大臣、バカな安倍総理のかみさん、小池都知事と各イベントに出席している。

 

旅では熱海、静岡、草津などが東京から近く混んでいるそうです。年金生活の身では毎日日曜日ですからあまり関係ないが此れで少しでも経済活性化が出来れば良いのでしょう。

 

そう言えば昨日も夕方4時から飲んでたし今週は昨日を入れてたそがれのお酒を2回楽しんでいる。来週も月曜日から予定がある。

 

ただ此れに参加している企業は130社でまだまだだが毎月繰り返していくのだから段々多くなっていくんだろう。私の以前の仕事はサービス業だから逆に忙しくなっていくんだろう。経営者としては有難いが働いている人は?

大分前の木村勝次郎(現木村朝之助)さんから戴いた色紙。

これは段ボールの箱に入っていた物ではなく伊豆のホテルの社長を退任し東京のグループ会社の社長就任した時の行司木村朝之助、呼び出し邦夫から戴いた物。邦夫の手製で文字は朝之助が書いたもの。雲竜型。

一文字に庄之助の書、横にその当時の大関、横綱の手形を押した縁起物。巡業などでその地にお世話になった勧進元などに贈るもの。本来は私などは貰えないが関係者に戴いた。

 

色紙

親方、部屋の力士、行司、呼び出し、マネージャーと付き合っているので沢山の色紙を戴いている。高砂部屋関係だけの色紙を。

変わった色紙

相撲関係者が見れば≪おやっ≫と思う手形。力士を廃業した後には手形が打てない。曙は高見山が引退して高砂一門の東関部屋を起こした時の横綱、高見山も関脇の印が押してある。時間が掛かった色紙。


大関朝潮、大関小錦


関脇水戸泉
(錦戸親方)、小結闘牙(千田川親方)


朝乃若の2種類の手形
(若松親方)


朝乃翔、十両泉州山
(現在は共に引退)


朝青龍の大関、横綱

十両皇牙、十両朝弁慶 皇牙は現在は北九州でちゃんこ店を経営。現役時代は十両になっても弓取式を行っていた。

若松部屋の第一号の十両の太田の手形は貰っていたが見つからない。朝赤龍も2種類持っているが写真を撮るのを忘れて次回にでも。

朝乃翔の博多織紙入れ

朝乃翔は網膜剥離で引退後借株乍ら部屋付親方として高砂親方を真剣にサポートをしていた。この紙入れは朝乃翔の媒酌人を務めた萩原社長から戴いた。綺麗な紫色でしっかりしまい込んでいた。

 

相撲カード


まだザンバラ頭の本名で出場していた長岡(現高砂親方)のカード。三賞最短記録ベスト
2初土俵から6場所目で敢闘賞を受賞。因みに親方は殊勲賞10回、敢闘賞3回、技能賞1回、幕内優勝1回。

 

闘牙このカードは幕内時代でサイン付、此れは後に呼び出し邦夫に頼んで書いてもらった。元小結で今は水戸泉の錦戸部屋所属の部屋付親方。

 

朝青龍、若松部屋に明徳義塾卒業後1年での新十両のカードと幕内のカード。その他に安治川部屋(現伊勢ケ浜部屋)時代の安美錦、怪我に負けず頑張っている。このカードは関係者に戴いた。

 

シール、楊枝入れ

若松時代から今でも後援者の村田さんから戴いたシール、スナックのボトルに一杯貼っていた。村田さんの奥さんが番付や力士の反物の端切れで着物、傘などの楊枝入れを作っていた。とても器用な方です。ミニ化粧まわしは萩原社長から戴いた。

 

テレホンカード

朝乃若、親方の木村えいじ氏の似顔絵、朝乃翔、真ん中は一ノ矢のやく・みつる氏の似顔絵、高砂部屋と川崎球場でロッテの選手と野球をやっていた時代のテレカ。親方とロッテの有藤監督が同じ大学での関係で大関朝潮、大関小錦、関脇水戸泉。名前は忘れたがロッテの3選手の結婚祝いも兼ねて川崎球場から平和島クアハウスで汗を流し、その上の平和島大飯店でパーティを行った。懐かしい。

 

 

翌年入門の太田が数年後に若松部屋として十両となって初めての関取が誕生した。近大から入門の朝乃翔、朝乃若が幕内に。高知の明徳義塾からのモンゴルの朝青龍が大関になり初優勝を。この時期までは凄い稽古で真面目な青年だったが。千秋楽に力士控室に呼ばれて万歳三唱をした。私は残念ながら後ろで写っていないが良い思い出です。

 

顔ぶれ書

中入りに翌日の取り組みを庄之助などが披露する顔ぶれ、此れは当時木村勝次郎(現木村朝之助)さんから戴きたもの。当時も顔ぶれを書いていたそうですが今は十両格になり当時よりは上手になっています。(失礼)

 

懸賞金

関係者に戴いた朝青龍の懸賞金袋。中日新聞からのものは対戦相手が旭鷲山、九州の八女茶は千代大海戦で朝青龍も大海、旭鷲山も共にキツイ性格で相撲というより殴り合いになったりした。

 

大入り袋

相撲関係者、力士、新聞社などに配る大入り袋、大分戴いたがお店をやる方に縁起物として配ってしまったがまだ残っていた。特に天皇陛下、皇后陛下がご臨席の大入り袋は行幸啓記念の赤いハンコが打たれている。行啓記念は皇太子のお見えの記念ハンコのようです。                                                        

段ボール箱を整理しようとしたら相撲関係の物が出てきた。相撲と言っても私は現高砂親方から知ったので他の部屋の事は知らない。

 

大関朝潮晩年期で引退して当初は山響の名跡を継いでいた。すぐ若松部屋を引き継ぎ当初は元の両国回向院近くの部屋から本所に稽古場を作った。この写真は部屋開きと土俵開きを行った。

 

土俵開きは木村庄之助、横綱千代の富士、太刀持ち横綱曙、露払い水戸泉という高砂一門で挙行。当時のタニマチも錚々たる方々だった。

私は部屋開きの方々のニューオータニの披露会場へのバスの手配だった。

 

当初は力士が67名位でタニマチは一杯いるが受付などのお金はないが働くボランテァが必要で石田会長から東京朝潮会に混ぜて戴いた。まだ力士数名で親方の人気で1000人以上の人を集めていた。

 

ニューオータニの激励会、小さいのは千秋楽の打ち上げパーティ、餅つき大会などでその都度この法被を着て受付などをした。高砂部屋になり部屋に大勢の力士も出来き受付・帰りのお土産などは力士がやる事になり会は消滅。67人の東京朝潮会は年に数回親方を囲んで一杯飲むが楽しかった。法被のイラストは漫画家の木村えいじ氏。

原宿にある太田記念美術館では326日まで前期後期で江戸の絶景と言うタイトルで広重を中心に展示しています。

 

前期83点の展示で圧倒的に歌川広重の作品です。その他には葛飾北斎、木曽街道の溪斎栄泉、二代目広重、二代目豊国、歌川国芳、北尾政美など。


諏訪湖の御神渡りになった状態で上部には湖に浮く城可愛い高島城が描かれています。浮世絵にたまに出てくるお城、此れが楽しみ。 

日本全国の名所などを描いているので当然行っていない所が多く種本にアレンジを加えている。版元からの要望が多いのだろう琉球八景などは琉球使節が江戸へ来ると言うので琉球の風景を種本で市民に話題を提供するために描いたようです。


 右の十三里〇やきは九里(栗)より旨い焼き芋屋。やまくじらはイノシシの肉。

広重の絵が多いのですがお花見などでは遊女などが前面に大きく描かれていますが背面の風景の方が良い。広重は美人画よりやはり風景画です。

 

今回は江戸名所百景が多く展示、東海道五十三次の作品は今回は無く、英泉と共作の木曽街道六十九次、東都名所。

東京丸の内側目の前のJPタワーkitte(旧東京中央郵便局)の3階、4階のは東京大学博物館の色々な資料が展示されています。

 

入っていきなりに大きな恐竜のはく製が幾つも展示、動植物の標本、はく製などパンフレットがないのでコンセプトは良く解りませんが流石帝大時代からの物が展示しています。

 

動植物からいきなり石、貴金属、雲の研究、明治の雇われ教授の写真、ベルツ博士だけわかったが後は良く解らないが時間があれば此れは入場無料ですから時間があれば興味深い。

 

当初は時間もあり屋上から東京駅を見て新幹線などもう少し温かくなったら旅に出ようと思っていたがエスカレーターで3階にこの催しが解り見学した。

https://matome.naver.jp/odai/2136958881486913901

文楽人形焼き―上野亀井堂

瓦せんべいの方が有名かも知れませんがさっぱりしたこしあんに皮の甘さも相まって上品な人形焼です。明治23年創業。

 

どら焼きごっつあんです、すもうねこ、ちゃんこ番-とし田

両国とし田の名前は違いますがどれも栗入りどら焼きで何方も美味しい。お相撲さんがお土産に買っていくお店です。

 

栗まんじゅうー加賀屋

ママリンのお土産、和倉温泉の加賀屋の栗饅頭。小さなサイズで会社などにお土産に適している。白餡で美味しい。

 

焼団子―餅甚

餅甚と言えばあべ川餅が有名ですが焼団子も中々捨てがたい。蜜も少々辛く美味しく団子も当然餅屋ですから美味しい。

 

感謝の喜もち―赤坂青野製菓

ママリンからバレンタインで戴いたもの。チョコかと思っていたら小さな饅頭。名前が感謝の喜もちという一口饅頭で口に入れるととろけてなくなる変わった饅頭。

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
26 27 28
カウンター
最新コメント
[02/24 aibiki]
[02/23 aibiki]
[02/22 aibiki]
[02/21 aibiki]
[02/21 aibiki]
最新記事
プロフィール
HN:
パパリン
性別:
男性
趣味:
なんでも収集
ブログ内検索
アクセス解析
パパリン日記 Produced by パパリン
黄昏 Designed by ブログテンプレート がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]
free pictures